コラム

2022/07/14

不動産の売却 買取実例

姫路市の不動産買取実例②|使用予定もなく、遠方にお住まいで困っていた農地

赤鹿地所が過去に買取させていただいた実例をお客様の声と共にご紹介します。

物件概要:姫路市網干区高田 農地
土地面積:120坪

農地売却のきっかけ

農地を相続されましたが遠方にお住まいで、今後農業を営む予定も、他に使用する親族もおらず、放置したままとなっていました。
面積も広く、ご自身で除草されるのも非常に難しくお困りでいらっしゃいました。
また、除草を外部に依頼する際の費用や固定資産税の支払いなど、維持費が高額であったことから、売却をお考えになられました。

赤鹿地所へ不動産売却相談に至った経緯

過去に、こちらの農地の近隣で共有名義の不動産を赤鹿地所で取引したことがあったことから赤鹿地所に再度相談にきて頂きました。

赤鹿地所で農地を売却をしてよかった点

  • 農地の売却には農地法による制限があるため、農地から宅地へ転用する際に手続きに対する諸費用が必要となりますが、赤鹿地所ではこれらが不要であったため売却に必要な費用を抑えることができた点

★赤鹿地所は姫路市での農地の買取経験が豊富なので安心です。

不動産、特に農地の売却は農地法など専門的な知識や手続きが必要なため、ご自身で手続きを行って売却を行うには高いハードルがあり、面倒で諦めてしまう方も。
赤鹿地所の農地買取では、売却時の諸費用がすべて不要な他、自治会や農区とのやりとりも全てお任せいただけます。

赤鹿地所では農地買取の知識と経験が豊富な専門スタッフが最後までご対応させていただきますので、ご安心ください。

農地を売却したいけれど、どうすればよいのかわからないという方も、わかりやすくご説明&ご対応いたしますので、まずはご相談下さい。
耕作中や小作権が設定されている状態でも、お気軽にご相談ください。

▶赤鹿地所の不動産買い取りは農地にも強い!

姫路市・太子町・たつの市・福崎町・高砂市・加古川市・明石市などのエリアで
農地の売却をお考えなら、赤鹿地所にお任せください。