コラム

2023/11/15

土地の買取 土地売却 家・戸建て売却 家・戸建の買取

不動産買取のメリットとデメリットは

不動産の売却は仲介が知られていますが、不動産買取も以前から行われてきた方法です。
売却が終わるまでの期間が読みづらい仲介と違って、
スピーディーに売却できることから不動産買取には一定の需要があります。
ここでは、不動産買取と仲介を対比して不動産買取のメリットやデメリットを解説していきます。

不動産買取のメリットとデメリットは

不動産買取と仲介との違い

不動産買取仲介の違いは買主が決まっているかどうかです。

不動産買取は買取業者が行ない、これが買主となります。
すでに買主が決まっているため、売却はスピーディーです。

これに対して仲介は、依頼を受けてから買主を探す業務となります。
仲介を行う不動産業者は、すでに買主候補を見つけている場合もありますが、それは少数でしょう。
買主の有無によって不動産買取と仲介の差が生まれてくるのです。

 

不動産買取のメリット・デメリット

不動産買取自体は古くからある手法です。
現在はネットで大々的に宣伝している業者もあります。
このため、新しいやり方と思われがちですが、仲介と並んで不動産の処分方法とされてきました。
そんな不動産買取のメリットとデメリットをみていきましょう。

不動産買取のメリット

不動産買取売主にとっても、そして買取業者にとってもメリットの多い取引方法です。
特筆すべきはそのスピード
最短で1カ月程度で売却できる場合もあります。
仲介ではとてもできないスピードです。
この他にも不動産買取は売主にとって手間や費用がかかりません。
こうした不動産買取のメリットを詳しく解説します。

 

売却までの時間が短い

買取業者が買主であるため、仲介のように買主を探す必要があります。
買取業者の査定額に納得すれば、すぐにでも契約可能です。
買取業者は現金一括払いにも応じてくれます。
買主が個人の場合のように、住宅ローンの審査を待たなくてもよいのです。
不動産買取は仲介とは比べ物にならないくらいのスピードで不動産を売却できます。

 

契約不適合責任を回避できる

物件に欠陥があった場合、売主はその責任を負わなければなりません。
これが契約不適合責任です。
この責任を不動産買取では負わなくてもよい場合があります。
それは買取業者が宅建業者である場合です。
買主がプロの不動産業者なので、売主の契約不適合責任を免除することもできます。

 

仲介手数料が不要

これも買取業者が買主であることのメリットです。
買取業者はこの後、リフォームを施したり土地を造成したりして物件を再販売します。
売却で利益を稼ぐため仲介手数料で稼ぐ必要がありません
ただし、仲介売却を行った結果、買取業者が買主と見つかった場合には、
仲介をした不動産業者に対して仲介手数料は支払わねばなりません。

 

不動産買取のデメリット

よいことばかりに思える不動産買取にもデメリットはあります。
物件価格はどうしても安くなりますし、すべての物件を買い取ってくれるわけではありません。
不動産買取のデメリットがどのあたりにあるのか、みていきましょう。

 

仲介に比べ価格が安くなる

買取業者物件の再販売のために買取を行います。
リフォーム代や自身の利益を乗せて売却するために、物件をなるべく安く仕入れることが必要です。
このため、買取価格は一般的な相場よりも安くなります。
物件によっては相場よりも何割も安くなる場合もあるのです。
不動産買取の仕組みとしてこれは避けて通れません。

 

買い取ってもらえない可能性がある

買取業者も再販売できる物件しか取り扱いません。
買取業者は不動産業者を兼ねていることが多く、相場や売れるエリアをよく知っています。
売れそうにないエリアや売れるのに時間がかかるエリアには手を出しません。
このため、買取を打診しても買い取ってもらえないことがあるのです。

 

不動産買取がおススメのケース

不動案買取にも様々な条件あることがわかりました。
もし不動産買取が万能ならば、もっと一般的になっているはずです。
仲介のほうが一般的なのは、多くの人が仲介を選んでいるからでしょう。
今回は不動産買取を選んだほうがよい場合についてみていきます。

すぐに現金が必要な場合

不動産買取の最大のアピールポイントはそのスピードです。
さまざまな事情ですぐに現金が必要な場合、売却までのスピードが短いのは魅力的なポイントになります。
売主の中には、なるべく近所に売却するのを知られたくない人もいるものです。
スピーディーな買取なら、近所に知られることなく売却することも可能です。

 

手間をかけたくない場合

査定をして媒介契約を結び、買主を探して条件交渉をする。
仲介だと数カ月、場合によっては1年近くも売却にかかってしまいます。
その間、不動産業者との打ち合わせなど、売主としてすべきことも数多くあるものです。
これらを普段の生活をしながら行うのは、なかなか骨が折れます。
こうした手間は不動産買取ではほとんどなく、あっても短期間で終わってしまいます。
手間をかけたくなければ、不動産買取は理想的な売却方法です。

 

まとめ

不動産の売却は今でも仲介のほうが取扱量は多くなっています。
ですが、売却のスピードを重視して手間のかからない不動産買取も魅力的です。
買取価格が安くなるのは確かにネックですが、買取のメリットは捨てがたいものがあります。
仲介と買取、双方のメリットとデメリットをよく吟味して適切な売却方法を検討しましょう。

 

赤鹿地所のコミコミ買取は諸手数料が全て不要の買取サービスです!

赤鹿地所では、「コミコミ買取」という不動産買取サービスを行っています。

売却時の諸手数料を全て当社が負担するため、余分な手続きや煩わしさがなく、
シンプル&スピーディーなところをご好評いただいています。

買い手がなかなか見つからない広い農地や駐車場、
古くなって管理が難しくなってしまった一棟アパートなど、
売却や管理にお困りの物件がありましたら、是非一度赤鹿地所へご相談下さい。

売りたい物件の状況や、お客様の希望条件から、
仲介・買取、どちらがおススメかもしっかり判断させていただきます。