コラム

2023/12/20

土地売却 家・戸建て売却 家・戸建の買取 買取実例

家の住み替えや売却にベストなタイミングとは

住み替え・売却

家が狭くなった。転勤になった。いろいろな理由で自宅を買い替える人もいます。
自宅は生活の拠点であり、家電品を買い替えるように簡単にはいきません。もちろんお金もかかります。

ここでは買い替えの手順買い替えの失敗例やそれを回避する方法についてのお話しです。
失敗しない家の買い替えの方法を学びましょう。

 

家の住み替えは売却のタイミングが大切

タイミング

自宅はなるべく高く売れ、新居はできるだけ安く買えるタイミングで買い替えをしたい。こうしたことは誰もが考えます。
経済情勢をみると、確かに不動産が高く売れるタイミング、安くしか売れないタイミングがあるものです。
実際に住み替えを行なう人が売却するタイミングはどんな時なのか、説明します。

 

最適な売却のタイミングとは

買い替えに最適なタイミングとしては、景気がよいときがあげられます。
購入候補の物件は比較的探しやすいものの、今住んでいる自宅を売却するのは景気にも左右されるからです。
景気が悪い自宅の売却価格が思うように決まらない、買主が現れない、といったことも発生します。
ただ、実際には自分や家族の事情で買い替える場合が多くみられます。

 

実際はライフイベントによることが多い

ただ、経済情勢の波にうまく乗って売却できる人は多くありません
それができた人も買い替えの時期が偶然よかった、という人もいます。
多くの人は自分の転勤、家族の増減などのその人や家族のライフイベントによって買い替えをしています。

買い替えのタイミングも大事ですが、自分たちのライフイベントも念頭に置いておきましょう。

 

家の売却の流れを把握する

売却

不動産を売却する回数は、不動産投資家でもない限り多くありません。
特に買い替えとなると自宅の売却と新居の購入を短期間で行なう必要があります。
家の買い替えには、今住んでいる自宅新たに購入する物件ふたつが登場します。
自宅の処分と購入のどちらが先に行うかで方法は異なるのです。

ここでは家の売却の基本的な流れと売り先行、買い先行の説明をします。

 

家の売却の基本的な流れ

家の売却の基本的な流れは価格査定媒介契約販売活動契約と引き渡しです。
価格査定で販売価格を決め、不動産会社と媒介契約をします。
販売活動を経て買主が決まれば契約と引き渡しです。
基本的な段取りは不動産会社がしてくれるので、初めての買い替えでもスムーズに行えます。

 

先に新居を購入する買い先行

買い先行」は先に新居を購入する方法です。

新居を確保してからこれまで住んでいた自宅を売却するため、引っ越しをする時間的余裕も生まれます。
住んでいた自宅の売却も腰を落ち着けて行うことが可能です。

その反面、今まで住んでいた自宅にローンが残っていて、新居もローンで購入することになると、新旧ふたつの自宅のローンを支払う期間が発生します。
自宅の売却代金を新居の取得費用に充当することもできません。
資金に余裕がある場合に選択できる方法、それが買い先行なのです。

 

先に自宅を売却する売り先行

先に今住んでいる自宅を売却して、その後に新居を購入するのが「売り先行」と呼ばれる方法です。
自宅の売却費用を新居の購入費用にあてられることから費用面では有利となります。
自宅を先に売却してしまうことから二重ローンのリスクもありません。
その一方で、新居の引き渡し日をうまく調整しないと仮住まいを手配する必要があります。
このためには今住んでいる自宅の買主と、新居の売主、仲介の不動産会社などの協力が欠かせません。

 

売却と購入は同時進行で行うのがオススメ

ここまで基本的な売却や買い替えの仕組みを解説してきました。

買い先行、売り先行と買い替えの方法がありますが、どちらを選択するにしても気を付けるべきことがあります。
それは自宅の売却と新居の購入は同時進行で行なうことです。
同時進行で行なうことのメリットをみていきましょう。

 

多くのリスクが減る

売却と購入を同時に行うことで多くのリスクを軽減、あるいは回避できます。
二重ローンのリスクが少なくなります。二重ローンの期間がごく短期間で済ませることも可能です。
仮住まいの期間も短くなり、その必要もなくなるかもしれません。

このように、同時並行で行なえば買い替えのデメリットを軽減できます。

 

不動産売買に関わる負担を軽減

長期間不動産売買に関わると負担は大きいものです。
普段の生活や仕事をしながら、不動産会社と打ち合わせを行い、内覧などに対応します。
これ以外にも自宅が売却できるのか、新居はきちんと買えるのか、といった不安もつきまといます。
こうした不安定な状態が長期間続くのは大きな負担です。買い替えはなるべく短期間で済ませましょう。

 

まとめ

ひとつの不動産を取引するのも大変な負担です。
それを短期間で売却と購入を行うのですから、買い替えは相当に大きなイベントだとわかります。

今回はそれをなるべく短期間で行なうことを提案しました。
不動産売買の負担を軽減するためにも短期間での売買を目指しましょう。

 

お客様にとって最適な売却・住み替えのプランをご提案します。

赤鹿地所では、売却のご相談を始め、注文住宅へのお住み替えを検討の方には土地のご購入から住宅会社のご紹介や、賃貸物件のご紹介まで、ワンストップでトータルサポートが可能です。

お客様にとってベストなタイミングでの売却が叶うよう、ご要望に応じて最適なプランをご提案致します。

まずは無料査定・無料相談からお気軽にどうぞ!

査定