株式会社赤鹿地所

姫路市を中心に分譲地 、土地の売買・不動産仲介を展開

0120-939-100

受付時間 9:00〜18:00

赤鹿地所の知っ得!コラム

<播磨>の不動産会社が教えます!中古マンションからくる嫌な臭いの原因と対策とは?

2018年10月05日

「中古マンションを購入し住んでみたら部屋から嫌な臭いが、、、。」
もう買ってしまったし、何とか原因を突き止めて改善したいものですよね。
実は、中古マンションで嫌な臭いがするのは「換気扇」が原因かもしれません。

今回は中古マンションで嫌な臭いがする原因と対策をご紹介します。

 

〇中古マンションの嫌な臭いの原因

 

中古マンションから嫌な臭いがする理由は様々で、前の住人の生活臭が抜けていない場合や、ハウスクリーニングの臭いかもしれません。
ただ、一番多い原因としてあげられるのが換気扇の不具合です。

換気扇の不具合とは、本来であれば部屋の空気を吸いだし、外に送る機能をもった換気扇が、正常に作動しなくなり、部屋の臭いを外に吸い出すことができなくなっている状態です。

換気扇が正常に作動しているかどうかはティッシュペーパーを用いて確認することができます。
換気扇を作動させたうえで、ティッシュペーパーを換気扇の近くに近づけます。
正常に作動していれば、ティッシュペーパーは換気扇の方向に吸われていき、換気扇にはりついてしまいます。

もしもティッシュペーパーが張り付かない場合は、換気扇に何らかの不具合があり、部屋の空気をうまく吸い込めていない状態にあると言えます。
換気扇の不具合を修理して、嫌な臭いの原因を解消しましょう。

 

〇嫌な臭いを取り除く方法

 

・換気扇の修理

 

もっとも効果的な方法は換気扇を修理することです。
換気扇の修理には町の電気屋さんに相談するか、マンションであれば大家さんや管理会社に相談するのがいいでしょう。

 

・定期的に窓を開けて換気をする

 

定期的に窓を開けて換気をすることもとても重要です。
換気扇は部屋の臭いを取り除くうえで重要な設備ですが、やはり部屋全体の臭いを取り除くためには窓を開けての換気が効果的です。

掃除機をかける際など、掃除の際に窓を開けると思いますが、掃除を終えてすぐに窓を閉めるのではなくて、数時間程度窓を開けておくことで、嫌な臭いも外に出すことが可能です。
その際には空気の通りを考えて反対側の窓もあけるなど、工夫を凝らすことも効果的です。

 

周囲の環境から窓を開けられない場合は、空気清浄機などを用いるのも手段の一つです。
中古マンションの嫌な臭いは買って住んでみないと気づきづらいものですよね。
初期不良であればマンション側が負担してくれる場合もありますので、適宜管理会社と相談しながら原因を特定することをおすすめします。

メディア掲載情報