株式会社赤鹿地所

姫路市を中心に分譲地 、土地の売買・不動産仲介を展開

0120-939-100

受付時間 9:00〜18:00

赤鹿地所の知っ得!コラム

売却と賃貸どっちが良い?メリットとデメリットを姫路の業者が解説

2019年05月10日

自分が持っている住宅やマンションを手放したい方はいらっしゃいませんか?

この時に、売却するか賃貸にするかとても悩みますよね。

売却と賃貸にはそれぞれメリットとデメリットがあり、必ずしもどちらが良い、ということはありません。

そのため、両方のことを良く知ったうえで、自分にあった方を選ぶことが大事ですね。

ここでは、売却と賃貸のメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

売却のメリット・デメリット

不動産を売却すれば、まだ購入されていない限り自分のもとに戻ってくることはありません。

そのため、転勤などでその土地を離れ、戻ってくることがない場合は売却がおすすめです。

これを踏まえて、売却をお考えの方は以下のメリット・デメリットを押さえておきましょう。

*メリット

最大のメリットはまとまったお金が確実に入ることです。

不動産は身の回りのものの中でもかなり価値が高く、数100万円のお金が手に入ります。

そのため、次の住居を購入する時の費用に充てることができます。

また、税金がかからなくなることもメリットの1つでしょう。

不動産を所有していると固定資産税などがかかりますが、これがなくなります。

さらに、手間のかかる管理もしなくてよくなります。

*デメリット

デメリットは資産がなくなることです。

不動産は持っている資産の中で価値が高いので、それがなくなれば保有資産の総額がかなり下がります。

賃貸のメリット・デメリット

不動産を賃貸に出せば、毎月家賃収入を得られます。

また、その不動産に数年して戻ってくるのであれば、賃貸がおすすめでしょう。

これを踏まえて、賃貸をお考えの方は以下のメリット・デメリットを押さえておきましょう。

*メリット

賃貸に出せば、継続保有という形になるので、また同じ不動産に住めるかもしれません。

数年で戻ってくるのであれば、決まった年数だけ物件を貸し出す契約にするとよいでしょう。

また、その不動産に入居者がいれば、毎月継続的に大きい収入を得られます。

マンションなら毎月100万円以上の収入を得られることもあります。

さらに、費用を経費として計上できるので、控除の対象となり税金が減額できます。

*デメリット

デメリットは収入が確実に得られず、不安定なことです。

部屋に入居者がいるかどうかによって収入が左右します。

数年のみ賃貸に出す場合、その年数間のみ物件を利用したい方がなかなかいないことが多いのです。

周辺の不動産との価格競争に巻き込まれることもあります。

また、維持や管理が大変です。

毎月集金をしたり、リフォームしたり、住民どうしのトラブルがあったりと、収入を得られる一方でやることがたくさんあります。

そういった手続きや対応を不動産会社に依頼することも可能ですが、別途管理料等が発生することが多いです。

まとめ

ここまで、売却と賃貸のメリットとデメリットをそれぞれ紹介しました。

それぞれのメリット・デメリットをよく考えて、自分にあった方を選んでください。

もし姫路市周辺で住宅やマンションの売却や賃貸をお考えなら、赤鹿地所までご相談ください。

当社がお客様のご要望に沿って、納得のいく売却や賃貸をいたします。